前へ
次へ

歯医者と目を合わせて治療を受けるか

内科などに行って診察を受けるときは医師の目を見ていろいろ話します。
ただ目をずっと合わせっぱなしになるわけではないので、それほど緊張したりはしないでしょう。
では歯医者で治療をするときはどうかです。
治療は口の中の歯に対して行いますが、このときどうしても歯医者と目が合いがちになります。
実際は患者の方が目が合っていると感じるだけで医師の方は治療すべき歯の方を見ているのでしょう。
さらに治療しながら話しかけられて困ることもあります。
治療中に目が合って困った、話しかけられても答えられなくて困った人は結構いるようです。
この悩みに対してはあるところでは目隠しをしてくれるところがあります。
理由としては治療中の水が入らないようにとしていますが、医師としてもじっと見られるのが気になるのかもしれません。
治療中に話しかけられて困ることがありますが、その時は手などで右手で答える、左手で答えるなどで対応できるようにしてくれます。

Page Top